« ダイエットと健康について | トップページ | キャッシングの申し込み方法 »

健康食品の普及について

健康食品の始まりは、海の向こうのアメリカです。アメリカで健康食品が発達したのは、病気を未然に防ぐためです。アメリカは医療費が高いので、病気にならないための方法が発達したというわけです。サプリメントや健康食品の販売市場は、最近では日本でもかなり成長してきています。国内ではほんの20年~30年でサプリメントが使われるようになりました。それ以前はほとんど知られていない存在でした。

洋食文化の進出や、健康への関心を持つ人が増えたことで、サプリメントが国内で売れ始めました。ドラッグストアだけでなく、スーパーなどでもサプリメントが売り出し商品として並んでいることもあります。名称は様々で、健康食品、健康補助食品、健康ドリンクなど、商品によって多様な名がついています。サプリメントという単語が浸透していなかった頃から、栄養補助食品や健康食品はありました。古くからある健康食品として代表的なのが、ビタミンAとビタミンDが摂取できる肝油ドロップなどです。

戦後の日本の学校では、肝油ドロップを生徒に配っていたところもありました。少ない食事で栄養不足に陥る子どもがいたためです。近年の日本は食料不足の問題はほぼありませんが、食べ物に関する問題は残っています。食習慣が原因となって肥満や生活習慣病になっている人もいます。健康食品の利用者が増えているのは、食事だけでは体に必要なビタミンやミネラルが十分に補充ではない現状があるようです。

[PR]はちみつダイエット

|

« ダイエットと健康について | トップページ | キャッシングの申し込み方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391014/42287428

この記事へのトラックバック一覧です: 健康食品の普及について :

« ダイエットと健康について | トップページ | キャッシングの申し込み方法 »